2011年11月27日

帝国海軍 空母大全

帝国海軍 空母大全

太平洋戦争で帝国艦隊の枢要を占めたのは空母だった。開戦から珊瑚海海戦までは空母の航空力により、不敗神話を生んだ。だが珊瑚海海戦の勝利の戦訓を生かしきれなかったため、ミッドウェー海戦では主力空母を一挙に4隻も失う痛敗を喫する。以後、新鋭空母を投入すれども劣勢は挽回できなかった。開戦から終戦まで、国家の命運を担って戦った空母21隻の一生を綴る。
posted by Idol-Net21 at 18:41| 帝国海軍

帝国海軍 戦艦大全

帝国海軍 戦艦大全

太平洋戦争開戦時に帝国海軍が保有していた戦艦は10隻。『大和』『武蔵』はまだ誕生していない。最古参は船齢28年、英国生まれの『金剛』であり、もっとも新しいのが船齢20年の『陸奥』だった。そして敗戦までの3年8か月の間に11隻を失い、唯一『長門』が生き残る。太平洋で戦った戦艦12隻のそれぞれの激闘と苦闘の生涯を追う。
posted by Idol-Net21 at 18:21| 帝国海軍

奇跡の駆逐艦「雪風」

奇跡の駆逐艦「雪風」

太平洋戦争中、どんなに激しい海戦でも必ず生き残って帰投し、“奇跡の駆逐艦”と謳われた「雪風」。緒戦のスラバヤ沖海戦から第三次ソロモン海戦、ガダルカナル撤収作戦、レイテ沖海戦と数々の修羅場を潜り抜け、戦艦「大和」の沖縄特攻作戦からも生還した“不沈の航跡”は名高い。その強運から“神宿る”と呼ばれた「雪風」を舞台に、二百余名の乗員たちの激闘のドラマを描く。文庫書き下ろし。
posted by Idol-Net21 at 17:41| 帝国海軍

『雪風ハ沈マズ』―強運駆逐艦栄光の生涯

『雪風ハ沈マズ』―強運駆逐艦栄光の生涯

運命とは、命を運ぶ、と書く。その単純な哲理を信ずることに徹し、激戦のさ中に艦と人とをあずかり、不撓不屈、豪胆なること山の如く、猛けきこと火の如くみずから幸運を招きよせる日本海軍随一の“豪傑艦長”の指揮下に団結し、努力し、苦難に堪え抜いて勝ちつづけた栄光の不沈艦の生涯を描く感動の戦記文学。
posted by Idol-Net21 at 17:21| 帝国海軍

宿命の「バルバロッサ作戦」

宿命の「バルバロッサ作戦」

1941年6月、ドイツ軍の対ソ侵攻作戦「バルバロッサ作戦」の火蓋が切って落とされた。1922年4月の独ソ秘密軍事協定から42年4月のソ連の冬季反抗作戦までの蜜月と激突の20年を背景に、史上最大の陸戦の様相を史料を基に徹底分析する。
第一次世界大戦後、秘密裏に軍事提携を結んだ独ソ両国が、やがてヒトラーとスターリンという二人の独裁者に率いられ、あたかも宿命のように激突する。この史上最大の陸戦「バルバロッサ作戦」はいかに準備され、どう戦われ、なぜ失敗したのか?本書は新たな視点で独ソ戦の実態を浮き彫りにし、読者にこの作戦の敗因を問い直すものである。
posted by Idol-Net21 at 17:01| 第二次世界大戦